パター練習機「JUST AS」開発経緯

パットで悩む多くのゴルファーは、まっすぐ引いてまっすぐストロークするストレート軌道が良いとの頭では理解していても、実際にはストレート軌道で打てていないというのが現状です。

あるティーチングプロの話では、9割のアマチュアゴルファーのパッティングの軌道はアウトサイドインのカット打ちになっていると言います。その多くの原因は、正しいストローク軌道を体が覚えていない事、また自分が間違ったスイング軌道でパッティングをしていると言うことを自覚していないという事が原因であります。

では、まっすぐ引いてまっすぐ打つパッティングは何故良いのでしょう?

ひとつはラインが出しやすくなります。特にショートパットでは、まっすぐ引いてまっすぐ打つストレート軌道を体が覚えていれば、ミスパットの確率は激減します。

次に、ストレートに球を打つとキレイな順回転がボールにかかり強いボールが打てますので、曲がりが少なく、カット打ちの軌道と違い、傾斜による左右の曲がりが一定になります。

更には、ストレート軌道のパッティングは、ボールの芯をパターの芯で捉えやすくなります。つまり毎打しっかりパターの芯で打てるので、ぶれた回転によって影響のある左右の傾斜に左右されることも無く、距離が一定になるので非常に距離感が出しやすくなります。

このような利点を短期間で、しっかりと体に身に付ける事が出来るようなパター練習機を目標として「JUST AS」は開発されました。

パター練習機「JUST AS」基本機能

「JUST AS」は プレイヤーが目標に向かって直線的にバックスイングし、目標に向かい直線的にフォローストロークが出切る様に矯正するパター練習機です。当機はいろいろなスタイルに対応可能な機構を備えています。

プレーヤーの身長、手の長さ、パターの長さによるパターのライ角、ハンドポジションに関わらず、ストレート軌道のパッティングストロークが出来るようになっております。

パター練習機「JUST AS」練習方法

練習方法は簡単です。練習マットや平らな床に「JUST AS」を置いてボールを打ってみてください。しっかりと真っ直ぐにボールが転がったのを確認してから、パッティングのストロークを繰り返し行ってください。

このストロークの反復運動を繰り返すことによって体がストレートなパッティング軌道を覚えます。数十回「JUST AS」でストロークを繰り返して、その軌道をイメージして打つと「JUST AS」で打ったボールと同様にストレートでしっかりとしたボールが打てるようになります。

「JUST AS」の反復ストロークのみでも効果的ですが、「JUST AS」と通常のパターマットでの練習を交互に行うとより効果的です。

パター練習機「JUST AS」仕様

高さ:610mm
幅:400mm
奥行き:370mm
重量:3.86Kg


販売価格 オープン

購入者の声

このパター練習機は、私のゴルフを変えてくれた優れものです。パットに苦しんでいるときに出会ったのがこのパター練習機です。

どこが優れものかと言いますと、打った時の手振れが無くボールが思った方向に打ち出せること。また、距離を設定して強弱をつけて自然と身体が覚えてくれたことを実感したのは、ゴルフコンペでパターを使用した際に今まで苦手としていたパットが決まり始めたことでした。

これからも時間を見つけては、練習機で更なるスコアアップを目指して頑張りたいと思います。

このページのトップへ